春採中にて

11月23日(木)春採中体育館で、
遠矢中、共栄中、大楽毛中、
春採桜が丘合同チームの4チームで、
練習ゲームしました。

土曜日に新人リーグ戦の
3次リーグを控えているので、
昨日はゲーム中心に
練習しました。

9時30分ごろからゲームを始めて、
昼までに全部で7セットできました。

春採桜が丘合同チームの現在の課題は、
つなぎのプレーです。

1本目のレシーブが少し
形になってきたので、
次は2本目のつなぎの精度を
高めることを意識しています。

レセプションでもディグでも、
1本目のレシーブが
セッターに上がらなかったとき、
セッターを除く4人が、
カバーの意識を高め、
アタッカーにボールを
運ぶことが重要です。

昨日のゲームでは、
ファーストレシーブが
乱れたときに、
カバーしたボールを
アタッカーに運べることが、
何回かありました。

以前は慌ててただ触っていた
2本目のボールに、
少しずつ意志が見えるように
なってきたのは成長の証です。

明日の3次リーグで、
実力的に近い相手に、
どのくらい戦えるのか、
今から楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です