道内小中学校、一斉臨時休業措置

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、
北海道のすべての小中学校などで
臨時休業の措置が取られています。

北海道教育委員会は新型コロナウイルスの
感染拡大を防止するため、
道内の市町村に小中学校を
休校にするよう要請していました。

釧路市内の公立小中学校では、
2月26日(水)の通知を受けて、
2月27日(木)から臨時休業になりました。

臨時休業の期間は、
2月27日(木)~3月4日(水)の1週間。
ただし、中学校3年生は
3月4日(水)3月5日(木)に
公立高等学校入学者選抜試験があり、
3月2日(月)から登校します。

2月27日(木)朝、私は通常通り出勤しましたが、
当然ながら生徒は登校してきません。
保護者からの問い合わせの電話も
ほとんどありませんでした。

桜が丘中学校では1,2年生の学年末テストを
3月3日(火)3月4日(水)から
3月5日(木)3月6日(金)にスライドしました。

春採桜が丘合同チームの練習は
とりあえず3月8日(日)まで中止と
生徒、保護者に連絡しました。

新型コロナウイルスの感染拡大は
とどまるところを知らず、
先行きは全く見通せません。

ともかく、朝晩の検温をして
自分の体調管理を徹底するとともに、

  1. 石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行う。
  2. できる限り混雑した場所を避ける。
  3. 十分な睡眠をとる。
  4. 人込みの多い場所は避ける。

などの対策を心がけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です