2020春高バレー準決勝結果

ジャパネット杯 春の高校バレー
第72回全日本高等学校選手権大会 
1月11日(土)準決勝が行われました。

武蔵野の森総合スポーツプラザで、
準決勝を観戦しました。

武蔵野の森総合スポーツプラザ
https://www.musamori-plaza.com/

武蔵野の森スポーツプラザは
味の素スタジアムの隣にあります。
新しくてものすごく立派な施設で、
とてもビックリしました。

この一帯、もともとは
米軍の調布基地があった場所で、
広い公園が整備され、
サッカー場、野球場他が
何面もあります。
調布飛行場に隣接してます。

道路の向かい側には、
東京外語大学府中キャンパスや
警察大学校もありました。

この施設は2017年11月に完成し、
2020東京オリンピックでは、
バドミントンと近代五種のフェンシング、
パラリンピックの車いすバスケットボール
の会場として使用される予定です。

昨年の春高ハレーの会場にも
なっていました。

メインアリーナの全景

女子の準決勝第1試合が10:00からで、
私が会場に入ったら、
東九州龍谷と金蘭会が練習していました。

試合前の練習の様子

女子準決勝第1試合結果

東九州龍谷(大分) 3-2 金蘭会(大阪)
(25-17, 23-25, 17-25, 25-21, 15- 8)

追いつ追われつの大接戦、
フルセットでの決着でした。
金蘭会の3連覇はなりませんでした。

東九州龍谷 対 金蘭会

女子準決勝第2試合結果

古川学園(宮城) 3-2 共栄学園(東京)
( 20-25, 25-14, 25-17, 21-25, 15-12 )

準決勝第2試合は、
両チームに長身の外国人留学生がいて、
主力として活躍してました。
特に古川学園のキューバからの留学生
バルデス・メリーサ選手は
身長183㎝、最高到達点320㎝、
ずば抜けた高さがありました。

こちらもフルセットにもつれ込む大接戦で、
最後は古川学園が振り切って、
9年ぶりに決勝戦へ進出しました。

古川学園 対 共栄学園

この試合では、共栄学園の応援に
圧倒されました。
全校応援だったのでしょうか、
2階席から3階席までびっしり応援がいて、
ものすごい応援が繰り広がられました。
うさぎのマスコットキャラクターが
特に目立っていました!

共栄学園の大応援団
共栄学園のマスコットキャラクター

10時に女子準決勝が始まって、
フルセット2試合が続き、
時間は14時30分を過ぎました。
私は所用があって会場を後にしました。
久しぶりの春高バレー観戦で、
楽しかったです。

男子準決勝第1試合結果

東山(京都) 3-0 松本国際(長野)
(25-19, 28-26, 25-14)

男子準決勝第2試合結果

駿台学園(東京) 3-1 清風(大阪)
(25-22, 19-25, 25-23, 25-17)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です