体力測定

昨日は練習ゲームが
キャンセルになったので、
大楽毛中体育館で練習。
体力測定を行いました。

大楽毛中では年に数回、
土日などで練習ゲームのないときに、
体力測定を行っています。

体力測定の項目は、
ジュニアキャンプのハンドブックに
掲載されている北海道ジュニア強化選手データと
同じ内容にしています。

身長、指高、垂直跳び、
スパイクジャンプ、ブロックジャンプ
の全5項目です。

2011年まではこのほかに、
連続3回跳び、反復横跳び、9m3往復
があったのですが、
2012年からはデータがありません。

2015年のハンドブックには、
バレーボールジャンプ指数(V.J.I)
というものが書かれています。

2014年以前からあったのかどうか、
ちょっと確認していませんが、
ここ最近のことだと思います。

このバレーボールジャンプ指数は、

身長÷ネットの高さ×
{(ブロックジャンプ到達点-ネットの高さ)+
(スパイクジャンプ到達点-ネットの高さ)}

で計算するそうです。

計算式を入れてみて、
大楽毛中の選手のデータと比較してみました。

体力測定入力シート

ネット高さは215㎝で計算。
北海道ジュニア強化選手は
ネットの高さが224㎝で計算。

それでも北海道ジュニア強化選手の
平均を超えた大楽毛中の生徒は
たった一人でした。

この「バレーボールジャンプ指数」なるもの、
もう少し研究してみる必要がありそうです。
インターネットで検索してみても、
すぐには出てきませんでした。

具体的な数字を示すことで、
生徒がトレーニングをする
モチベーションアップに繋げています。

「体力測定入力シート」は、
入力シートのタブに、
名前を入れたら、
すぐにどこのチームでも使えます。

よろしかったら、
皆さんのチームでも
試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。